伊達市の葬儀会社。火葬式や家族葬から大規模葬儀まで、ご家族の「とむらい」をフルサポートします。生前会員システム「悠々ライフ」の会ご好評頂いています。

Tel:0120-973-594受付:24時間 年中無休

葬儀の流れ

葬儀の流れ

危篤・ご臨終

 大切な方の危篤・ご臨終を医師から聞いたとき、言葉には言い表せないなんとも辛いものです。
 動揺しない方は、まずいらっしゃらないでしょう。
 悲しみを受け入れつつ、自分のペースで構いませんので、心を落ち着かせて行動しましょう。

故人様の搬送

専門スタッフが、24時間365日の体制で待機しております。
お電話を頂ければ、ご指定の場所までお迎えにあがります。

ご安置

ご自宅など、ご指定された場所にご安置させていただきます。
諸事情によりご自宅などにご安置できない場合は、やすらぎのご安置部屋をご提供いたします。

枕飾り

お客様の宗派に合わせ、すぐにお参りができるように枕飾りの準備をいたします。
枕団子は、無料でご用意させていただきます。

打ち合わせ

葬儀の日程はお客様の希望はもとより、宗教者と式場、そして火葬場などの都合も合わせて決定していきます。
その後は、故人様の遺志とご遺族の希望を伺いながら、1つ 1つ葬儀で用意していくものを確認しプランニングしていきます。

湯灌・納棺

湯灌は故人様のお身体を清める儀式です。
現世での穢れや苦しみの一切を拭き清め、来世での功徳を願いながら、安らかな旅立ちへの準備をいたします。
死装束にお着せ替えした後は、故人様をお棺に納めます。

通夜

近年では、仕事の関係で夜間のほうが出席しやすいとの理由で、 告別式よりも通夜のほうが一般会葬者の参列が増えております。
故人様とご遺族の縁に結ばれる方々に見守られながらお通夜が営まれ、それぞれの思いをはせて、静かな時が流れます。

通夜振舞い

故人様に対する供養と、弔問の感謝の意を込めて、食事や飲み物を振舞います。
本来は精進料理で、肉や魚などは避けられておりましたが、 近年では皆様に“おもてなし”を重点にしているためあまりこだわらず、ご家族の希望で肉料理や刺身、寿司などもご用意しております。

葬儀・告別式

葬儀とは故人様をこの世からあの世へと送り出す宗教的儀式であり、告別式は会葬者が遺族にお悔やみと慰めの言葉をかけ、故人とお別れをする儀式です。
もともと別々に行われていましたが、現在では「葬儀・告別式」として一体化されているのが一般的です。

献花・出棺

出棺の前に、ご遺族ご親族には沢山のご献花と、お別れの お言葉を故人様に捧げていただきます。
お別れの後、喪主様は霊柩車を見送る人達にご挨拶をします。
ご挨拶が終わった後一礼をし、火葬場へ出発いたします。

火葬

喪主は位牌、その他の方達が遺影写真やお骨箱などを持ち、葬儀式場から火葬場へ移動いたします。
火葬場到着後は、棺を祭壇前に安置し僧侶の読経・焼香があり、その後火葬を行います。
火葬終了後は、ふたり一組で骨を拾い骨箱に骨を納めます。

忌中引き(繰上げ法要)

火葬場から式場に戻った後は、初七日法要などを繰上げて法要を営みます。
実際の初七日法要は、死亡した日を含めた7日後に行われますが、親族や関係者に再度集まってもらうとなると大変負担になることから、最近では火葬が終わった葬儀同日に初七日法要を繰上げて行うことが多いようです。
法要後は精進落としの席は特に設けず、お持ち帰り用の折り詰めをお渡しする場合があります。
地域によっては、折り詰めは渡さずに引き物だけお渡しする風習もあります。

後飾り

ご自宅に帰られた後は、後飾り祭壇を設営いたします。
納骨するまでの間、お骨・写真・位牌などを後飾り祭壇にご安置いたします。

葬儀終了後

葬儀後の、あいさつ回り・遺品整理・各種手続き・忌中の心得・仏壇・位牌・墓石・法要などのサポートを しております。遠慮なくお尋ねください。

お花のご注文

お花ご注文フォーム

環境への取り組み

北海道グリーン・ビズ認定企業
北海道グリーンビズ認定ランク☆☆
登録:ランク☆☆
登録年月日:2010年6月14日
登録番号:EO464-2  

館内無線LAN

館内ではNTT Bフレッツを利用した高速無線LANがご自由にご利用いただけます
館内無線LAN

AED設置施設

AED(自動体外式除細動機)が設置されております

AED

↑ PAGE TOP